「桜咲く」そして思う事【ニュースレター2022.4月版】

 今年の魚沼地区の桜は見事に咲き誇っていましたねー。

どの場所の桜も綺麗に咲いていて、とても感動しました。桜は青空との相性がとても良く、澄んだ青と桜色のコントラストがたまりません。また、豪雪地域の魚沼地区で観ることができる『残雪と桜の競演』は、自慢できるほど素晴らしい風景の一つだと私は思っていますが、皆さんはいかがでしょうか。

 さて、最近気温が上がっており、周りにあった雪がほとんどなくなっていることに気が付きました。いまさらな事ではありますが、春が駆け足で通り過ぎている感じがしています。そのおかげで友人から早めの「木の芽」と「こごめ」を頂きました。イヤー、春限定の味はうまかったですねー。その友人に感謝、感謝!です。

 話は変わり「コロナについて」、思う事をお話させてください。今、中国の上海市ではロックダウンによる町封鎖が始まっています。日本ではありえない事ですが、中国の規制は半端ないほど厳しく、市民暴動が起こっています。家に閉じ込められ、食事が出来ない状況になっても買い物すら出かけられません。日本ならば必ず水や食料の提供があります。国の違いはありますが、人権は変わらないと思います。また、国によってはマスクを外して普段通りの生活をされているところもあります。経済優先で共存共栄を図ることも大切な政策かと思いますが、日本でそのような考え方ができるのでしょうか。日本はマナーを守る国として有名であり、困っている人を見て見ぬふりなどできない国民性です。自分が騙されても人を騙す事が出来ない人も多く見受けられます。この素晴らしい日本でコロナと共存共栄するには、やはりルールを守り続けていくことではないかと思っています。いつかコロナの特効薬ができ、インフルエンザのような感覚になってくれるものと信じております。

 最後に、連日テレビ等の報道でトップニュースになっているウクライナ戦争です。悲惨な戦況が報道されるたびに「なぜこうなってしまうのか」と疑問を感じます。日本は原子力爆弾を広島と長崎に落とされました。そして敗戦国となりました。ウクライナで原爆投下とならないうちに終戦してくれることを強く望みます。

↓PDF版のダウンロードはこちらから↓

2022.4月号ニュースレター